MENU

ピースボートって怪しい?それでも、私がピースボートで世界一周する選択をした唯一の理由

f:id:mememero1259:20190731120758p:plain



 

 

 

「行きたい場所があるのに、なぜ一歩を踏み出してみないの?」

 

この一言が私を動かしました。

 

これは、アラサーOL結婚予定なしの私が世界一周するまでのお話です。

 

2020 夏 105回 ピースボートクルーズ

 

私は、ピースボートの世界一周クルーズに申し込みをしました。

 

 

 

 

ピースボートって?

一度は居酒屋のトイレで見かけたことがあると思います。「世界一周99万!」というポスター。あれです。

なんとなく怪しいな、胡散臭いなと思いませんか。正直、私もその一人でした。

海外には興味があるけれども、バックパッカーに憧れていて、怪しい船での世界一周は絶対嫌だと思っていました。

そんな私がなぜピースボートに興味を持って、乗船申し込みを行ったのか。

 

きっかけ

たまたまインターネットで見た寄港地のラインナップが素晴らしかったこと。

一番はこれにつきます。

 

私は105回クルーズに申し込みをしているのですが、見どころはずばり【オーロラとマチュピチュ】。そのほかも【インド、サントリーニ島、エジプト、アイスランド、ジャマイカ】私が一度は行きたいと思っていた場所がずらり。

 

「寄港地が最高だな。」漠然と思ったのが始まりでした。

 

そして、船旅説明会が地元で開催されることを知り、説明会へ申し込みをします。

 

船旅説明会で感じたこと

 

都会でしか行っていない説明会だとハードルが高いですが、ピースボートの船旅説明会は地方でも行っていて、参加のハードルが低かったです。

 

正直なところ間違いなく申し込みをしませんかって勧められるのだろうし、どうせ良いことを並べられるだろうから警戒していこう、と身構えて参加しました。

船旅説明会ではDVDなどを用いて航路の説明や船での生活の説明をうけます。

 

説明会後は「やっぱり寄港地が最高。しかも、荷物や安全面を考えたら船って一番最適なのでは。」

「お金の割にはほとんどが船のなかだからつまらないのではないか。それだけお金があるのであればバックパッカーになったほうがいいのかな。」と、気持ちは二分されていました。

 

船には安全や快適さがあるけど、冒険がないような気がする。

 

一方バックパッカーは自由と冒険があるけど、安全や快適さに不安がある。

 

 

私を動かした一言

説明会後の個別質問で声をかけてきてくれたのは若いスタッフでした。

「きたな」と思ってちょっと身構えながら話をしました。今日申し込みをするつもりはないし、適当に話を聞いて帰ろうと思ってました。

 

その、スタッフは自分もピースボートに二回乗船したと話をしてくれました。

 

同じように説明会で身構えていたところ、ある人にかけられた言葉で乗船を決意したと。

 

それが「行きたい場所があるのに、なぜ一歩を踏み出してみないの?」という一言でした。

 

私にも行きたい場所が明確にあります。

オーロラは死ぬまでに1度見たい景色だし、マチュピチュもピラミッドも憧れています。

 

それを実現する方法が今、目の前にあります。

 

船はつまらない。お金がない。ピースボートは怪しい噂を聞く。バックパッカーのほうがかっこよくて憧れる。

 

行かない理由を探せばたくさんあります。

 

でも、今、目の前で経験者が語る本当に参加してよかっという言葉は間違いなく嘘ではないとかんじられるし、その場所に行きたいと思った自分も確かだと強烈に感じました。

 

行きたい場所があるのに、なぜ一歩踏み出さないのか。

 

お金なら貯めればいい、世間の声や噂は自分の見たものを信じればいい、バックパッカーに憧れるのであればいつか別の形でやったっていい。

 

この選択をしたから世界がかわるわけではない。私は今行きたいところへ行くだけだ。

 

気持ちが動かされました。

 

悩むくらいならやってみよう。1歩を踏み出そう。

 

これが私がピースボートで世界一周を決めた理由です。

 

 

 

そして、今、申込書に記入をして、前金を支払ったところです。

 

今後のこと

 

2020年。

 

ちょうど一年先までにやらなければならないことがあります。

 

1つ目は貯金

ボランティアスタッフというポスターを貼って割引を狙う制度がありますが、社会人で地方に住んでいる私にはすぐには難しい。今の自分の仕事をしながらお金を貯めた方が賢明だと判断しています。

 

まずは年内で50万は必ず貯金します。

 

2つ目は退職

 

仕事のこと全然悩んでねぇじゃん!って感じでしょうけど、社会人は踏み出せない理由に仕事が必ずあると思います。

私はいずれ退職するつもりでいたので、貯金が貯まって出発前のタイミングで退職する予定です。

 

どちらにせよ、仕事に縛られる人生は嫌だと感じているので仕事を辞めることには悩みはありません。

 

 

その他にやるべきことは時間が経てばまた見えてくるかなと思っています。

 

このブログではアラサー独身女が世界一周に向けて一年頑張る話と、実際に世界一周する3ヶ月、帰ってきてからのことリアルタイムで記録に残していきたいと思っています。

 

ちょうど一年先。

 

日本が東京オリンピックに盛り上がっているころ。

 

私も無事に旅立てていることを今から確信しています。